お知らせ

無肥料自然栽培普及協会とは

子ども達に自然本来の力を回復した農地を残したい

日本では2000年より毎年数十万人に及ぶ農家人口が減少しております。それは、急速な高齢化、 耕作放棄地の増加、そして郊外型大型商業施設への農地転用など様々な原因により生み出されております。 また2008年段階の食料自給率(カロリーベース)は41%、そして穀物ベースを見ると28%という数字になっています。 つまり今後ますます日本人の消費する食べ物は、海外の農家が生産する食糧に頼って暮らしていく傾向にあるということになります。 しかし本来生物は自分たちの生活圏で採れる植物や木の実などを食べることにより調子よく循環するものであり、 もちろん人間においてもその土地、その季節の食べ物を食べることで健康な生活を送ることが出来るのです。 特に、あらゆる食料を生み出す根源は土であり、土は植物を産み、動物は植物を食べ、動物と植物とを人が食べる。 このようなあたりまえの自然の循環がこれからますます減少していく現状の中で、これからの子ども達が健康に過ごせる 環境を少しでも多くのこすための活動を推進していこうと思っております。

無肥料自然栽培の技術向上と無肥料自然栽培農家を増やす

当協会は活動の指針として2つの柱を設けました。1つ目は、農薬や肥料に頼らない自然な土を大切にし 永続的な生産ができる無肥料自然栽培を普及することを目的とした技術向上のための活動、及び無肥料自然栽培農家を増やす活動。 そしてそれら農家が継続的に営農できるようなサポートをする活動を行っていきたいと思っております。

消費者に無肥料自然栽培の農業を理解してもらう

2つ目は、消費者に無肥料自然栽培の農業を深く理解してもらう為の活動を行っていきたいと思っております。 基本的に農家は過酷な自然の環境の中、昨今の異常な自然災害などに多大なる栄養を受けながらも生産活動を行っており、 とても厳しい社会環境の中で生活を送っております。また一方では都会では味わえない、自然との調和の中とても心豊かな 生活を送っております。このような社会的には厳しくも、心豊かに過ごしている農家の生活を少しでも消費者の皆様に知っていただき、 その活動を深い理解のもとでサポートしていただきたいと思っております。その為に当協会では無肥料自然栽培農家の様々な情報を 提供し、交流できるイベントを開催していこうと思っております。

これからの日本を担う子ども達の為に、我々は先人より受け継いだ自然からいただく恵みや知恵を後世に残していくことが我々の使命であると考えております。

農園ダイアリー 無肥料自然栽培フェア サポーター募集

UP